裾野市へマスク1000枚寄贈しました。

令和2年5月1日(金)にマスク1000枚寄贈の為、裾野市役所へ行って参りました。


鈴木一史青年部長は、

「新型コロナウイルス感染症の感染症の関係でイベントがなくなる中、マスクを提供し市民の方々に還元したいという気持ちです。」


受け取っていただいた高村市長は、

「貴重なマスクをありがとうございます。市も備蓄していますが福祉医療への供給で少しずつ減っていますので有効に活用します。実態終息後の商売繁盛を願っています。」


と言っていただきました。






44回の閲覧

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。